二次会景品

日本には、二次会という文化があり、様々な集まりの後、二次会が行われます。特に代表的な二次会とは結婚式があげられますが、結婚式とは、新郎新婦をお祝いすると共に、新しい門出を祝い、幸せにあやかろうという楽しいイベントになりますので、二次会であっても準備は抜かりなくする必要があります。結婚式の幹事を任された方は責任重大であり、参加者全員が楽しく、盛り上がって解散できるような宴にセッティングしなければいけません。

二次会のセッティングとは、参加費を決定し、収容できる場所を決定し、食べ物や飲み物についてレストランやケータリングサービスを利用、交渉等をすることになります。雰囲気や飲食の質や量はもちろんのこと、その二次会で行われるゲーム大会や内容によって、その結婚式の最後を締めくくる二次会が盛り上がるかどうかを大きく左右しますので、いかに盛り上げるかということを第一に考える必要があります。その為には、二次会景品は大きな役割を担っており、その景品の選び方一つで、結果に大きな影響を与えることを認識しておきましょう。メインとなる景品は、高ければ良い、という訳ではありません。参加される方が、貰って嬉しい景品である必要があります。もちろん予算の縛りもありますので、自由に沢山購入するという訳にもいきませんので、数にも注意が必要です。ここでは、幹事の方の参考になるような二次会景品の選び方、また、購入の仕方等を説明します。